ダイハツのミラトコットの内装を画像でレビュー!ベージュ&ブラウンのコンビシートが可愛い!グレードによる違いは多いよ。

ダイハツのミラトコットの内装を画像でレビュー!ベージュ&ブラウンのコンビシートが可愛い!グレードによる違いは多いよ。

登場からそのお洒落で特徴的な佇まいに注目されているダイハツのミラトコット。今回はその内装(インテリア)を見ていきたいと思います!

内装もお洒落そうだよね~。実用性もあるといいな!
グレードによって結構装備が違いそうだからそのへんも教えて!

はい。内装装備のグレードによる違いに着目しつつ、画像とともに見ていきましょう!

スポンサーリンク

運転席(コックピット)はシンプルで可愛らしいスタイル

まずは運転席・助手席部分、コックピットからの景色はこんな感じです↓

ミラトコット

わぉ♪想像通り可愛らしいスタイルだね!

運転席、助手席は思ったより余裕のスペースがありそうだね!

コックピットは決して高級感があるとかではないですが、可愛らしくシンプルであり、さすがに運転しやすそうな運転席となっています。

メーターパネルも大きくて見やすいですね♪

G“SA Ⅲ”

明るいインテリアとコーディネートされた、シンプルで見やすいメーターです。

うんうん!結局シンプルで見やすいのが一番だからね!

この単眼メーターは夜でもはっきりわかるように盤面発光機能が付いています!

夜間、スピードメーターの盤面が発光し、速度の数字がシルエットでくっきりと見えます。

ちなみにこの盤面発光機能はG“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”に標準装備となっています。又、この単眼メーターですがG“SA Ⅲ”はメッキメーターリング付きで、X“SA Ⅲ”はホワイトメーターリング付きとなっています。

そしてメーター横にはしっかりとマルチインフォメーションディスプレイも↓

スピードメーターの右にある大きな液晶画面に、燃費のほかメンテナンス時期など、多彩な情報を文字やイメージで表示します。

こちらマルチインフォメーションディスプレイもG “SA Ⅲ”、X “SA Ⅲ” に標準装備となっております。

スポンサーリンク

インパネ部分はグレードによる違いが多い

最初からグレードによって装備の違いが多いね~

インパネ部分は特に大きな違いを感じるかもしれません!グレード毎にインパネを中心に見ていきます!

  • L “SA Ⅲ”

  • X “SA Ⅲ”

  • G “SA Ⅲ”

インパネ部分でグレードによる大きな違いは以下の2つ。

  • オートエアコン(プッシュ式)

こちらは最上位グレードのG“SA Ⅲ”に標準装備されているだけでその他のグレードはダイヤル式のマニュアル操作になります。

  • インパネガーニッシュ(セラミックホワイト)

こちらのガーニッシュはG“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”に標準装備。まるで陶器のような質感でちょっぴり上質感を漂わせてくれますね!

あとは運転席と助手席のヘッドレストですが、

  • G“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”はヘッドレスト別体型
  • L“SA Ⅲ”、Lはヘッドレスト一体型

となります。使い勝手という点では別体型のほうがいいですかね~

う~ん、今のところG“SA Ⅲ”かX“SA Ⅲ”でグレードを選びたくなるね~

内装カラーはコンビネーションカラーでとシート表皮はフルファブリック

続きましてはミラトコットの内装カラー。

こちらは全グレード同じでベージュ&ブラウンのコンビネーションカラーとなっております。

落ち着いた感じの組み合わせでいい感じだね!

表皮に濃淡を織り交ぜた糸を使い、あたたかみを演出しました。背もたれは明るいベージュ、座面はブラウンにした2トーンで個性的なシートです。

グレードによる違いとしては唯一、G“SA Ⅲ”だけシートに縁とりが施されています↓

縫い合わせの部分に、パイピングを施しています。上質感を高め、耐久性も考慮しました。

小さな違いかもしれませんが、意外と全体の雰囲気を引き締めてくれる効果がありそうですね♪

スポンサーリンク

快適装備の充実はG“SA Ⅲ”が素晴らしい!

続きましてはミラトコットの快適装備。

待ってました快適装備!

快適装備もグレードによって装備が変わってきますね~

  • USB電源ソケット

ミラトコット

スマホやタブレット充電したいし、絶対あったら便利なやつだ!

こちらのUSBソケットはG“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”に標準装備となっています。

  • スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)

正面のフロントウインドゥガラスに加え、フロントドアガラスも紫外線を約99%カット。また、暑さを生む赤外線も効果的に遮断します。

これは女性にとって絶対にあったらいいやつよ!

スーパーUV&IRカットガラスはG“SA Ⅲ”に標準装備です。

  • シートヒーター(運転席/助手席)

ただでさ冷え性の方が多い女性にとって冬場の強い味方となるシートヒーター。こちらもG“SA Ⅲ”に標準装備となっています。

  • スーパークリーンエアフィルター

帯電フィルターの採用により、 高い集塵効果で、花粉やPM2.5もキャッチします。

花粉症の人は春先に欲しくなるだろうね~!

こちらのスーパークリーンエアフィルターもG“SA Ⅲ”に標準装備です。

  • キーフリーシステム
  • プッシュボタンスタート
  • オート格納式カラードドアミラー

新車を買うなら欲しくなるキーフリーシステムやプッシュボタンスタートはG“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”に標準装備となります。

あれれ・・・なんかL“SA Ⅲ”とLには今挙げた快適装備はついてないってこと。。

その通り。わかりやすく言ってしまえば快適装備を求めるならばグレードはG“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”の二択になり、最終的にG“SA Ⅲ”を選んでおけば間違いなしということです!

ミラトコットの収納装備はシンプルに必要最低限

そしてミラトコットの収納部分です。

スーパーの帰りとかショッピングフックって意外と使うよね~

ディーラーオプションとなるのは、助手席シートアンダートレイくらいですから、必要最低限ではありますがまずまずの内容といえそうです!

後部座席は一体型で倒せばラゲッジスペースも広々確保

そして最後にミラトコットの後部座席&ラゲッジスペースです。

後部座席は軽自動車によくある5:5分割式ではなく一体式。このへんはシートアレンジが効かないのでどうしても使い勝手に期待は出来ません。

ただ可倒式になっているのでラゲッジスペースを広げることはできます!

2名乗車ならこの形にして全然荷物は積めそうだね!

またバックドアはスイッチ一つで開閉できるのでとっても楽チン!

電気スイッチ式のオープナーを採用。樹脂製の軽いバックドアと合わせて、開け閉めもラクです。

こちらは全グレードに採用されていますから安心です♪

スポンサーリンク

まとめ シートアレンジが必要ないなら、かなり”あり”な軽!

以上、ダイハツのミラトコットの内装を画像でレビューしながらグレードによる違いを見てきました~!

ミラトコット

ミラトコット

まとめると、

  • 内装カラーは全グレードベージュ&ブラウンのコンビシート
  • シート表皮は全グレードフルファブリック
  • インパネ装備はグレードによる違いが多い(オートエアコン、インパネガーニッシュなど)
  • 快適装備は充実した内容を選ぶならG“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”を選ぶべき

といったところでしょう!

後部座席が分割できずベンチタイプの一体型なのでシートアレンジ等ができず使い勝手はあまり良くない(サーフボードなどの長い荷物を運んだり出来ない)かもしれませんが、実は「そもそもそんな使い方はしません」という人は多いはず(笑)

ご自身の生活スタイルを考えてみてこのへんの実用性に問題がないのであれば、かなり”あり”な内装や装備だったのではないでしょうか!

気軽に乗りたいですねミラトコット♪

軽自動車最高!

スポンサーリンク

画像出典ダイハツ公式HP

 

ネットで1分で見れるサイトがありますよ! 簡単に解説したのでどうぞ!

↓↓え?マジでこんなに価値あるの?↓↓

愛車の価値を1分で見てみよう!!

ハスラーのグレードもアップできた!?新車も最安値で購入できた!? !全車種対応!値引き交渉3つ裏技!?

↓↓あなたもグレードアップ↓↓

【完全保存版チェックシート】で簡単対策!

スポンサーリンク