セダンタイプ

新型ミライースのおすすめグレードはバランス重視のX”SAⅢ”に決まり!おすすめカラーはスプラッシュブルーメタリック!

新型ミライース

可愛らしい見た目に実用性抜群で真のエコカーなんじゃない!?なんてもっぱら噂の(当ブログでねww)新型ミライース。

今回はそんなミライースのおすすめグレード&おすすめカラーを決めていきましょう!

ミライースの魅力の一つは低価格な訳だし、やっぱり値段はおさえたくなるよね~
かといって安いグレードを選ぶってのもどーなの?

そうなんです・・・住んでる環境次第なところもありますが、低燃費&低価格を推進する意味でもFFの2WDでグレードを選んでいくのですが、、しっかり満足のいく装備で納得のいく価格帯ということになると・・・

  • X”SAⅢ”
  • L”SAⅢ”

この2つで悩むことになるんです~~~

詳しく説明していきましょう!

記事のポイント
  • 徹底的に低価格にこだわりたいならL”SAⅢ”
  • 装備と価格のバランスをとるならX”SAⅢ”
  • おすすめカラーはスプラッシュブルーメタリック

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

新型ミライース
新型ミライースの値引き相場情報「2019年12月の目標は10万円~15万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!フルモデルチェンジを経たダイハツの二代目新型ミライース。今回はその最新の値引き相場&情報を見ていきたいと思います!これでワンランク上のグ...
スポンサーリンク

スマートアシストⅢの標準装備は必須条件

まず新型ミライースのグレード選びで最初に考えるのは、ダイハツの先進安全装備であるスマートアシストⅢが装備されているか、というところです。

ミライースのグレードでいうと”SAⅢ”という名前が付いているかどうかですね!

  • スマートアシストⅢ
新型ミライース

クルマの周囲を認識し、危険が迫るとドライバーに警告したり、緊急ブレーキをかけ、安全運転を支援する「スマートアシスト」。この先進技術は進化を続け、現在第3世代に。ソナーセンサーに加え世界最小のステレオカメラを採用し、先行車だけでなく、歩行者へのブレーキも可能に。低価格も実現し、軽の安心をまた一段と広げました。

  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)
  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)

走行中に前方の車両と歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起。さらに危険性が高まった場合には緊急ブレーキで減速。衝突の回避や、衝突時の被害軽減に寄与します。

この先進安全性能は絶対つけるべきでしょ~

もちろん安全支援機能もしっかり充実してますから!↓

  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)
  • 先行車発進お知らせ機能

これだけ充実した安全性能のスマアシⅢですが、これの有無でも値段は6万円ほどしか変わらないですからね!

スポンサーリンク

B,Lは脱落。”SAⅢ”がついたグレードから選ぶ

必然的に、

  • B
  • L

の2つのグレードは無しということになります!残るグレードは、

B”SAⅢ” ¥907,200~
L”SAⅢ” ¥939,600~
X”SAⅢ” ¥1,080,000~
G”SAⅢ” ¥1,209,600~
特別仕様車
特別仕様車X”リミテッドSAⅢ” ¥1,096,200~
特別仕様車G”リミテッドSAⅢ” ¥1,225,800~

上記6つの中から選んでいきます!

B”SAⅢ”だと装備が寂しい2つの理由

なるほどね!じゃあスマアシⅢが付いているグレードで一番安いモデルにすればいいんじゃない?

スマアシⅢが付いている4つのグレードの中で最安のグレードはB”SAⅢ”になるのですが、、、これはちょっと寂しいんですよ・・・

何かというと、まず、パワーウィンドウがフロントドアだけになるんです。。

えっ?じゃあ後ろの窓はくるくる回すの頑張らなきゃいけないんだ!

いえ。リヤウィンドウは固定式(開閉機能無し)となるんですね~

これはちょっと寂しい・・・そしてタイヤのホイールもスチールホイールです↓

あー(笑)確かに寂しいねぇ~

上記2つの理由で今回B”SAⅢ”は脱落です。

幾ら車両価格が¥907,200と魅力的な価格であったといても、あと数万円出せばもう1ランク上のグレードに出来ちゃうのですから!

あえて最上位グレードのG”SAⅢ”を除く理由

そしてもう一つ最上位グレードのG”SAⅢ”も今回は除外しました。

えぇぇ?なんで?

G”SAⅢ”だけについている主な装備を挙げると、

  • 運転席、助手席シートヒーター
  • オート(プッシュ式)エアコン
新型ミライース
  • キーフリーシステム
新型ミライース
  • アルミホイール
ふむふむ。どれも嬉しい装備じゃないですか!

その通り。間違いなく「あったらいいな」と思える装備なんですが、、、価格は¥1,209,600になります。

1つ下のグレードに落とせば価格は約13万円、2つ下のグレードに落とせば価格は約26万円安くなります。これは大きいですよね~

新型ミライース

エアコンなんてマニュアル式エアコンでいいじゃないって話なんです!

スポンサーリンク

ミライースの特別仕様車の特別装備は2つ

そしてミライースには2つの特別仕様車がありますね。

新型ミライース
特別仕様車
特別仕様車X”リミテッドSAⅢ” ¥1,096,200~
特別仕様車G”リミテッドSAⅢ” ¥1,225,800~
リミテッドってなってるけど、標準グレードと何が違うの?

ミライースの特別仕様車は特別装備が2つ付いています。1つ目は、

  • 純正ナビ装着用アップグレードパック
新型ミライース

(バックカメラ、16cmリヤスピーカー、GPSアンテナ)

そして2つ目が、

  • リバース連動リヤワイパー(寒冷地仕様)

となっています。

ふむふむ。どっちもあったら嬉しいことに間違いはない装備だね。

標準グレードとの価格差を考えればコスパはいい特別仕様車

例えばXのグレードで比較するとして、

  • 特別仕様車X”リミテッドSAⅢ” ¥1,096,200
  • X”SAⅢ” ¥1,080,000

価格差は¥16,200です。

これ純正ナビ装着用アップグレードパックをオプションでつけるとしたら¥19,440かかるので、この時点でお得にはなってるんですね!

新型ミライース
へぇ~そうなんだ!

ですからバックカメラが付けたいとかGPSアンテナを装着したいとかいう人にとってはこの特別仕様車はかなりお得な装備が付いていることになります。コスパいいですね!

 

ただ、今回は選びません(笑)ミライースのサイズでバックカメラはとりあえずいらないかなって。。

X”SAⅢ”とL”SAⅢ”の違いは内装にあり!

ということで最終的に新型ミライースのグレード選びは

  • X”SAⅢ”
  • L”SAⅢ”

この2択になります。

なるほどね~。この2つの違いはどんなとこ?

この2つにも何気に違いたくさんあります。まずはインテリア(内装)部分↓

新型ミライースX”SAⅢ”
L”SAⅢ”

内装の違いは、

  • インパネがツートンカラー仕様になっているか、いないか
  • ステアリングやインパネ部分にメッキ加飾がされているか、いないか
  • リヤのヘッドレストが付いているか、いないか

というところ。

新型ミライース インパネ・コックピット
新型ミライースの内装を画像55枚でレビュー!グレード別の装備の違いまとめ!後部座席が思ったより広かった~新型ミライースの内装を大量画像でレビュー!コックピットは視認性も良く装備も充実していて使い勝手が良さそうです。注意点としてシートヒーターやオートエアコンは最上位グレードのG”SAⅢ”と特別仕様車G”リミテッドSAⅢ”だけ。シートカラー&表皮は1種類のみ(グレードの違いはリヤのヘッドレストの有無)。後部座席は驚きの広さで大人の男性でも余裕あり。後部座席はスライド機構が設定されず左右一体可倒式です。ラゲッジスペースも必要最低限の容量を確保。スイッチ式バックドアオープナーが全グレード標準装備は嬉しいですね!...
結構違うのね~
スポンサーリンク

エクステリアではドアミラーのでデザインが違う

あとはドアミラーにも大きな違い↓

新型ミライースX”SAⅢ”
L”SAⅢ”

X”SAⅢ”は電動格納式(カラード)ドアミラーなのに対して、L”SAⅢ”は可倒式(材着黒色)ドアミラーになります。

まじか!材着黒色なのはいいけど、さすがに電動格納式がいいかな~

あとはホイールのデザインとサイズも少し変わってきます。

新型ミライースX”SAⅢ”
L”SAⅢ”

X”SAⅢ”は14インチのホイールキャップなのに対し、L”SAⅢ”は13インチのホイールキャップになります。

そして新型ミライースは選べるボディカラーもグレードによって変わってきます↓

X”SAⅢ”はホワイト系がオプション設定のみになるのに対し、L”SAⅢ”はレモンスカッシュクリスタルメタリック、スプラッシュブルーメタリックの原色系が選べません。

これは総合的に考えるとX”SAⅢ”なのかな~

そうなりますよね(笑)やっぱりある程度の装備の充実は味わいたいものです。

X”SAⅢ”で決まり!

おすすめカラーはスプラッシュブルーメタリック

最後に新型ミライースのボディカラーのおすすめカラーを紹介しておきましょう!

ミライースのボディカラーは全部で9色のラインナップ!

  • スカイブルーメタリック
  • レモンスカッシュクリスタルメタリック
  • マゼンタベリーマイカメタリック
  • スプラッシュブルーメタリック
  • プラムブラウンクリスタルマイカ
  • ブラックマイカメタリック
  • パールホワイトⅢ
  • ブライトシルバーメタリック
  • ホワイト

この中でおすすめを3つあげるとするなら、

  • スカイブルーメタリック
新型ミライース
  • レモンスカッシュクリスタルメタリック
  • スプラッシュブルーメタリック

この3つがいい感じですね~

うわ~思い切ってイエローもかわいい!

そうなんです!

でも一つだけおすすめカラーを絞るとしたら、、、

スプラッシュブルーメタリックですかね!

鮮やかなブルーが洗練された雰囲気の中にも可愛らしさを感じられる配色。決まりでしょう!

新型ミライース
新型ミライースの値引き相場情報「2019年12月の目標は10万円~15万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!フルモデルチェンジを経たダイハツの二代目新型ミライース。今回はその最新の値引き相場&情報を見ていきたいと思います!これでワンランク上のグ...
スポンサーリンク

まとめ バランスの良いX”SAⅢ”で決まり!

ということで、新型ミライースのおすすめグレードは

  • X”SAⅢ”

となりました!

新型ミライース

最終的に

  • X”SAⅢ”
  • L”SAⅢ”

で悩みましたが、

  • 徹底的に低価格にこだわりたい!
  • 100万円以下でおさえたい!

という人はL”SAⅢ”を選び、

  • 安さの中でも最低限の装備は欲しい

という人はX”SAⅢ”を選ぶというのがいいのではないでしょうか!

ちなみにX”SAⅢ”とL”SAⅢ”の価格差は約14万円ほど。。。

さぁあなたはどっちにしますか!?

軽最高!

スポンサーリンク

新型ミライースの全記事一覧

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る//
\\↓えっ!?こんなに高いの↓//

画像出典ダイハツ公式HP