ハイトワゴン

新型Nワゴン/カスタムのおすすめグレードはL・ターボ ホンダセンシングに決定!【装備やデザインの違いから考察】

新型Nワゴン

今回は新型Nワゴン/カスタムのおすすめグレードを大決定です!

Nワゴンもカスタムとかターボエンジンとかあるし、、悩ましいな~
決められない~何を基準に考えたらいいのかしら。。

大丈夫!ポイントは、

  • NワゴンかNワゴンカスタムか
  • 通常エンジンかターボエンジンか
  • 快適装備は必要か

これらのご自身の希望を考えていけばおのずと後悔しないグレードは決まってきます!

ちなみに当ブログが導き出したグレードは、Nワゴン L・ターボ ホンダセンシングでした!

詳しく見ていきますよ!

記事のポイント
  • 全グレード安全性能「ホンダセンシング」標準装備
  • レトロモダンなデザインからNワゴンを選択
  • 快適装備が寂しいG・ホンダセンシングが脱落

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

新型Nワゴンカスタム
新型N-WGN(ワゴン)/カスタムの値引き相場情報「2019年12月の目標は5万円~10万円」限界を目指すチェックシートを紹介!新しいデザインが人気沸騰な新型N-WGN(ワゴン)。今回はその最新の値引き相場&情報を見ていきたいと思います!これでワンランク上のグレー...
スポンサーリンク

安全性能「ホンダセンシング」は全グレード標準装備

まずは朗報。グレードを選ぶときにしっかりそのメーカーの最新の安全性能が搭載されているかを考えることは現代において必須項目ですが。。

新型Nワゴン/カスタム

新型Nワゴン/カスタムは全グレード「ホンダセンシング」標準装備となっています!

新型Nワゴン 新型Nワゴン
  • 衝突軽減ブレーキ
  • 誤発信抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 先行者発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • 渋滞追従機能付ACC
  • 車線維持支援システム
  • 後方誤発信抑制機能
  • オートハイビーム
これは嬉しいね~!

しかもこれは一番安全性能の機能が装備されているという証になる、サポカーS<ワイド>に該当します。

いうなればこれ以上の安全性能は現段階ではありません!(と言ってもいいでしょう)

素晴らしい!

ですから安全性能のことは考えず心置きなくグレードを選びをしてください!ww

スポンサーリンク

新型Nワゴン/カスタムのグレード別 価格一覧

それではまずは新型Nワゴン/カスタムの全グレードの価格を見ておきます!

新型Nワゴン
Nワゴン
G・ホンダセンシング ¥1,274,400~
L・ホンダセンシング ¥1,339,200~
L・ターボ ホンダセンシング ¥1,501,200~

新型Nワゴンの価格帯は¥1,274,400~¥1,631,880です。

新型Nワゴンカスタム
Nワゴンカスタム
G・ホンダセンシング ¥1,512,000~
L・ホンダセンシング ¥1,587,600~
L・ターボ ホンダセンシング ¥1,663,200~

新型Nワゴンカスタムの価格帯は¥1,512,000~¥1,793,880です。

エントリーモデルは120万円台か。いいね、お買い得感ある!

全グレードCVT仕様で、全グレードにFFと4WDのラインナップありとなっています。わかりやすくていいですね!

カスタムモデルは16~24万円ほど高い設定となっています!

新型Nワゴン/カスタム
2019新型N-WGN(ワゴン)/カスタムの価格・サイズをライバル車と比較!今の納車はどれくらい?ホンダの大ヒットNシリーズの一角、新型N-WGN(ワゴン)/カスタムですが、価格やサイズはどんなもんでしょうか!? ...

NワゴンかとNワゴンカスタムどっちにする?

まず決めておきたいのは、NワゴンにするのかNワゴンカスタムにするのか、という選択です。

何が違うんだっけ?

大きく言ってしまえば、Nワゴンカスタムは見た目(エクステリア)も内装(インテリア)もNワゴンに比べて少し高級感がプラス。デザインもちょっと派手かな~

画像で見ていきましょう!

エクステリアの違い カスタムはシーケンシャルタイプのウィンカー

新型Nワゴンのエクステリアは可愛らしくスタイリッシュ

新型Nワゴン 新型Nワゴン/カスタム 新型Nワゴン 新型Nワゴン

新型Nワゴンカスタムのエクステリアはクールな佇まい

新型Nワゴンカスタム 新型Nワゴンカスタム 新型Nワゴンカスタム 新型Nワゴン
結構見た目違うよね!これは好みが分かれそうだな~

大きな違いは

  • フロントグリルデザイン
  • ヘッドランプデザイン
  • ホイールデザイン
  • リヤスポイラー有無

このへんでしょう!

あとはカスタムのシグナルランプ(ウィンカー)はシーケンシャルタイプ↓

新型Nワゴンカスタム
軽自動車にもシーケンシャルランプ!?そんな時代なのか~

見た目で言えばカスタムのほうがリアスポイラーなどが装着され、フロントマスクも押し出し感が強くなりワイルドな雰囲気になりますね~

スポンサーリンク

内装の違い カスタムはブラック基調

続きましては内装の違いをチェック↓

新型Nワゴンの内装はナチュラルな雰囲気

新型Nワゴン 新型Nワゴン

新型Nワゴンカスタムの内装はブラックで高級感あり

新型Nワゴンカスタム

カスタムはブラック基調のみとなり、専用装備となる各所へのシルバー塗装、メッキ部分などが増えて高級感が感じられますかね~

僕はカスタムのほうがカッコ良くて好きかな!
私は普通のNワゴンでベージュの車内が好き!

丸目とナチュラルカラーでレトロモダンを選択する

好みが分かれますよね(笑)

今回KEIVELでは、

  • 丸目のヘッドライト(ウィンカーが眉毛みたいでしょww)
新型Nワゴン
  • ナチュラルカラーの内装
新型Nワゴン

を選択して、今流行りのレトロモダンな雰囲気を選びたいと思います!

つまり新型Nワゴンに決定!

新型Nワゴン/カスタム
2019新型Nワゴン/カスタムの内装を画像58枚でレビュー!老若男女に愛される実用性&装備!ラゲッジアレンジ最高でしょ2019新型Nワゴン/カスタムの内装をどこよりも早く大量の画像でレビューしてきます!内装のデザインは最近のホンダらしいフラットデザインで質感は高く、これは軽自動車のレベルではないですよ。。老若男女問わずニーズを満たした安心設計が売り、センタータンクレイアウトで広い室内&後部座席、ラゲッジはアレンジ豊富で実用性抜群。収納装備も充実&ドリンクホルダーの数多数!はっきり言って文句のない内装です。。これは売れますね~...

エンジンにターボは必要か|街乗りメインなら自然吸気エンジンで十分

Nワゴンかカスタムかを決めたら次はエンジンの選択。

通常のエンジンNA(自然吸気)にするのか、ターボエンジンにするのか、決めていきます!

そりゃターボエンジンのほうが力強くていいに決まってるよね?

その通りですね(笑)

  • 高性能ターボエンジン

トルク特性に優れるうえ、2,600回転という低回転で最大トルクを発揮するターボエンジンなら、さらにパワフルな加速。4人乗車時でも、坂道でも快適。高速道路への合流も余裕を持ってできます。

確かにコンパクトカーのパワーを軽く凌駕するトルクで間違いなくパワフルな走りをしてくれるでしょう!魅了されるならば迷わずターボエンジンを選ぶ価値はあると思います。

ただ一方で、新型Nワゴンでは通常のエンジン(自然吸気エンジン)もかなりの高性能。口コミ評判も悪くない↓

  • 高性能DOHCエンジン

レースで鍛えた技術も投入し、クルマの基本である走りをしっかり磨きました。特にこだわったのは、日常でよく使う50km/hまでの加速。ストップ&ゴーの多い街中など、軽のイメージを超えるようなスムーズさで、快適に走れます。

  • ツインインジェクションシステム

Hondaの軽自動車として初めて、1気筒あたり2つのインジェクターを装着。1本あたりの噴射量を少なくすることで、燃料の霧化を促進。燃料と空気をより均一に混合させて燃料効率を高め、優れた出力特性と低燃費を実現しています。

  • ナトリウム封入バルブ

Hondaの乗用車用エンジンとして初めて、中空にした内部にナトリウムを封入したバルブを採用。高温になりやすい排気バルブ周辺の熱を、冷却水へ効果的に放熱させ、ノッキングの発生を抑制。11.8という高圧縮比を可能にし、燃焼効率を高めています

おぉ~。なんか素晴らしいね。そこまで過激な走りをしないなら通常のエンジンでも十分なのかな。。

ただ新型Nワゴンの口コミを見る限りはやっぱりターボエンジンのほうが満足度は高そうですよね。。。

Nワゴン
【評価は90点】2019新型Nワゴン/カスタムの辛口な口コミ評判はどこにある!?デザイン&安全性能&ラゲッジの実用性は高評価!2019新型Nワゴン/Nワゴンカスタムの評価点は90点!辛口な口コミ評判はどこにある!?Nワゴンはレトロモダンでお洒落なデザインで、Nワゴンカスタムは適度な押し出しの高級感が感じられます。燃費面ですが、ターボ無しの実燃費がエアコン無しで約18km~22km/L、ターボ有りの実燃費がエアコン無しで約16km~19km/Lといった結果に。オーナーさんは走行性能等差し引いて実燃費に関する不満はほとんど聞こえてきませんでした。乗り心地は新型Nワゴンは柔らかめ、新型Nワゴンカスタムは硬めとくっきり意見が分かれました。価格面ですが、コスパは良いと高評価で、月日が経てば値引きの期待値は高く、新古車や中古車がお買い得になってくるでしょう!...
スポンサーリンク

装備面でG・ホンダセンシングは脱落

エンジンに迷ったら装備面を確認します。

Nワゴン
G・ホンダセンシング ¥1,274,400~
L・ホンダセンシング ¥1,339,200~
L・ターボ ホンダセンシング ¥1,501,200~

この中でターボエンジンはL・ターボ ホンダセンシングだけですが、エントリーモデルとなるG・ホンダセンシング。。。

お買い得価格!これいいんじゃない?

いや、装備面が少し寂しいことになります。G・ホンダセンシングだと、

  • ヘッドライトがLEDじゃなくなる
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器もなし
  • FFモデルで運転席にシートヒーターなし
  • 充電用USBジャックもなし
  • エアコンにプラズマクラスター機能なし
  • 360° スーパーUV・IRカット パッケージなし

となります。。

そしてこれらはL・ホンダセンシングとL・ターボ ホンダセンシングにはすべて標準装備されているのです。

価格の安さはかなり魅力的ですし、それでも安全性能等や基本装備は充実しているので、G・ホンダセンシングも選ぶ価値はかなりありますが、今回は脱落としましょう!

確かに快適装備はあったほうが嬉しいもんね!

L・ホンダセンシングとL・ターボ ホンダセンシングの違い

そうなってくると、、いよいよ二択。

  • L・ホンダセンシング ¥1,339,200
  • L・ターボ ホンダセンシング ¥1,501,200

価格差は16万2千円。この価格差を埋める魅力があるのかどうか。。

といってもこの2つのグレードで装備の大きな違いはそこまでなし。挙げるとするならば、

  • アレルクリーンプラスシート

シート表皮に付着したアレルゲン物質(ダニ・スギ花粉)に加え、ウイルスの活動も特殊加工を施したシート地で不活性化します。

  • パドルシフト
新型Nワゴン

ハンドルのパドル操作で、マニュアル車感覚のシフトチェンジが楽しめる。

この2つがL・ターボ ホンダセンシングには装備されています。そしてデザイン面でいうならば、ホイールキャップ↓

  • 14インチスチールホイール2トーンカラー専用フルホイールキャップ
新型Nワゴン

L・ターボ ホンダセンシングだとこちらが装着できます。

お洒落で面白いね~。レトロな雰囲気とも合いそう。

そして、L・ターボ ホンダセンシングならその名の通り、ターボエンジン搭載ということです。

なるほど。。。

結構なやみますよね(笑)

ただ、今回は

  • 高速道路(有料道路)もそこそこ乗る機会がある

ということを前提に、L・ターボ ホンダセンシングを選びたいと思います!

これが後悔しないグレード選びでしょう!ww

新型Nワゴンカスタム
新型N-WGN(ワゴン)/カスタムの値引き相場情報「2019年12月の目標は5万円~10万円」限界を目指すチェックシートを紹介!新しいデザインが人気沸騰な新型N-WGN(ワゴン)。今回はその最新の値引き相場&情報を見ていきたいと思います!これでワンランク上のグレー...
スポンサーリンク

まとめ 予算に応じて後悔しないグレード選びを

以上、新型Nワゴン/カスタムのおすすめグレードがL・ターボ ホンダセンシングになる理由を説明してきました~

新型Nワゴン 新型Nワゴン

しっかりポイントを絞って、

  • NワゴンかNワゴンカスタムか(内外装のデザイン)
  • 通常エンジンかターボエンジンか(自身の生活環境を考える)
  • 快適装備は必要か

等々、、考えていけばグレード選びは難しくありませんでしたよね!

あとは予算に応じて後悔しないグレード選びをしましょう!新型Nワゴン/カスタムはどのグレードでも基本装備が充実しているのでどれを選んでも失敗することはないと思います♪

今回のグレード選びでいえば、自身の生活環境で「高速道路に乗ることはない」というのであればL・ホンダセンシングを選ぶのも全然あり。

さぁ、あなたにとっての最高のNワゴンはどのグレードになりましたか?

グレードを考えているときって楽しいですよね~(笑)

それでは!

軽自動車最高!

新型Nワゴン/カスタムの全記事一覧

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

スポンサーリンク

画像出典HONDA公式HP