ハイトワゴン

新型ムーヴ/カスタムの内装を画像47枚でレビュー!【グレード別の装備の違い多し】シートアレンジで車中泊も可能。

新型ムーヴ/ムーヴカスタム

現行モデルが6代目となり、もはや軽自動車の先駆者といっても過言ではない新型ムーヴ/ムーヴカスタムですが、現在の内装はどのようになっているのでしょうか!

このジャンルの軽自動車は実用性に加えて高級感まで求められたりするし、大変だよね!
あとは無視できないのが快適装備!色々内装に関しては気になるわ!

今回は大量画像と一緒に新型ムーヴ/ムーヴカスタムの内装をグレード別の違いなどに着目しながらたっぷりと見ていきたいと思います!

レッツゴー!

記事のポイント
  • コックピットはモダンな雰囲気でドライバに優しい設計
  • 内装カラーは新型ムーヴは基本ベージュ、ムーヴカスタムは基本ブラック
  • 新型ムーブのXターボ“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、Xのみブラックインテリアパックが選べる
  • 快適装備は充実しているが、Xシリーズのグレードを選ぶ必要あり
  • 室内空間に狭さは感じず、乗降性も良い
  • 後部座席は分割式でスライド&リクライニングが可能
  • シートアレンジも豊富で窮屈そうだが車中泊もいけそう

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

新型ムーブ
新型ムーヴ/カスタムの値引き相場情報「2019年12月の目標は10万円~15万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在、新型ムーヴの値引き相場は、最大約10万円~15万円となっています。内訳は車両本体から10万円前後オプション等で5万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りする車がある方なら、最高値で売却するテクニックも絶対に必要になります。下取りMAXで新型デイズルークスのグレードもアップできるかもしれませんよ!...
スポンサーリンク

インパネ・コックピットはシンプルながら実用性に富む

まずは前席部分から。運転席(コックピット)からの景色はこんな感じ↓

おぉ!視界良好&大きなハンドルで超運転しやすそう!

シンプルながら必要なものは揃っている最高レベルのコックピットといえますね!

ムーズカスタムのインパネ・コックピットはより上質に

ちなみにムーヴカスタムのインパネ・コックピットはこちら↓

新型ムーヴカスタム
全体的な色合いからブラック基調なんだね~

通常のムーヴよりも質感も上がっている印象。ちょっと高級感出ますね~

存在感ある8インチナビモニターがかっこいい!

ナビも凄く大きく見えない?凄くモダンな雰囲気~

ナビも8インチの新しいナビが装着できます↓

  • 8インチスタンダードメモリーナビ
存在感あるね!ほんとモダンな雰囲気だな新型ムーヴ!

運転席にはドライバーに優しい装備が盛りだくさん!

しかも新型ムーヴ/ムーヴカスタムの運転席はドライバーに優しいオリジナルな運転姿勢を作ることができます!

運転しやすい理想的なドライビングポジションをめざした、ステアリングの位置やペダルレイアウトです。

腰まわりや背中をやさしく包み、運転時にはしっかりと支えるシート構造。身体にかかる圧力を適度に分散し、快適な座り心地を実現します。

ポジションは自分にばっちりの位置をどうぞご自由に調整くださ~い!

  • 運転席シートリフター
[Xターボ“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、Xに標準装備]
  • チルトステアリング
[Xターボ“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、Xに標準装備]
  • アジャスタブルショルダーベルトアンカー
シートリフターとチルトステアリング機能はLとL”SAⅢには付いてないのか~。要チェックや!”
スポンサーリンク

ライバル車のインパネ・コックピットと比較してみる

ここでライバル車のインパネ・コックピットと新型ムーヴ/カスタムのインパネ・コックピットを比較してみましょう!

ムーヴのインパネ・コックピット
新型ムーヴカスタムムーヴカスタムのインパネ・コックピット
  • 新型ワゴンRのインパネ・コックピットと比較
ワゴンRのインパネ・コックピット
  • 新型デイズのインパネ・コックピットと比較
新型デイズデイズのインパネ・コックピット
  • 新型Nワゴンのインパネ・コックピットと比較
新型NワゴンNワゴンのインパネ・コックピット
ムーヴはナビの存在感が一番あるね!

あとはステアリングが大きくて運転がしやすそうな雰囲気を一番感じるのがムーヴですね~

グレード別の内装カラー|ブラックインテリアパックが装備できるのは・・

続きましては内装カラーです。インパネと車内全体の画像でグレード別に見ていきましょう!

  • L”SAⅢ”
  • X
  • X”SAⅢ”
  • Xターボ”SAⅢ”

新型ムーブは、

  • 内装カラー:ベージュ
  • シート表皮:ファブリック

が基本装備となります。

ブラックインテリアパックが装備できるグレード

  • ブラックインテリアパック

革巻ステアリングホイール※とメッキインナードアハンドルが、洗練された室内に仕立てます。ブラックのフルファブリックシートとドアトリムが、落ち着きのある室内を演出します。

こちらが特別仕様車X“リミテッドSA Ⅲ”は標準装備、Xターボ“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、Xはメーカーオプションで装備することができます!

へぇ~これは結構雰囲気変わりそうだね!”

比較するとこんな感じ↓

基本装備のベージュ
ブラックインテリアパック
かなり雰囲気変わる!でも全部がブラックじゃなくてベージュとブラックの2トーンみたいな感じになるんだね~

確かにブラックインテリアパックでも全部が黒になるわけではないので、思ったより室内が暗くなる感じはしないかもしれませんね!

あとはグレード別の画像のインパネ部分を確認してもらえればわかると思いますが、LとL”SAⅢはエアコンパネル部分がダイヤル式のマニュアルになっております。

新型ムーヴカスタムの内装カラー|レザー調×ファブリックが登場

内装カラーに関しては新型ムーヴカスタムのほうはブラックカラーが基本装備となります↓

  • X”リミテッドSAⅢ”
  • RS”ハイパーSAⅢ”

しかも最上位グレードのRS”ハイパーSAⅢ”と特別仕様車RS”ハイパーリミテッドSAⅢ”はシート表皮がレザー調×ファブリックとなっていて高級感抜群!(他のグレードはファブリックです)

インパネも高級感半端ないね。。これはもう軽自動車の域を超えてる(笑)
スポンサーリンク

快適装備を欲するならXシリーズのグレードがマスト

続きましては新型ムーヴ/ムーヴカスタムの快適装備です。

待ってました!

こちらもグレードによって装備の有無があるのでご用心!

  • スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)

日焼けの原因となる紫外線を約99%※カット。また、赤外線も効果的に遮断し、ジリジリとしたお肌への刺激を低減します。

↑こちらはXターボ“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、Xに標準装備です。

  • スーパークリーンエアフィルター

帯電フィルターの採用により、高い集塵性能を実現。花粉もキャッチし、気になるPM2.5にも対応しています。

↑こちらもXターボ“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、Xに標準装備です。

  • 運転席シートヒーター

シートの座面を温めるシートヒーター。冬の寒い日や、寒冷地でのドライブを快適にします。

↑こちらはXターボ“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、X、L“SA Ⅲ”(4WD)、L(4WD)に標準装備です。

ふむふむ。とりあえずXターボ“SA Ⅲ”かX“SA Ⅲ”かXなら上の3つの快適装備は全部標準装備ってことね!わかりやすいわ!

その通り。こう見てくるとLとL“SA Ⅲ”の装備は少し心もとない感じがしてきますね~

新型ムーヴ/ムーヴカスタムのおすすめグレードはXターボ”SAⅢ”に決定!後悔しないグレード選び2パターン紹介!新型ムーヴ/カスタムのおすすめグレードを大決定です!後悔しないグレードでおすすめはターボエンジンのXターボ”SAⅢ”!Lシリーズは快適装備や基本装備が寂しい です。ムーヴ他の軽自動車よりもターボエンジンとの価格差が少ないのでターボエンジンはおすすめ。あとはX“SA Ⅲ”を選ぶなら特別仕様車 X“リミテッド SA Ⅲ”のほうが完全にお得になりますね!...

室内空間は大人4人でもゆったり。乗降性も抜群

続きましては新型ムーヴ/ムーヴカスタムの室内空間について。

こちらもかなりいい感じですよ~↓

室内長 2080mm
室内幅 1320mm
室内高 1280mm
お~!大人4人でもそんなに窮屈そうじゃないね!

フロントドア、リヤドアが、約90度まで2段階で開くので、乗り降りや大きな荷物の積み降ろしもスムーズです。

バックドアもフロントドアもリヤドアも荷物の積み下ろしや人の乗り降りもスムーズに行えることこの上なし。

いいですね!軽自動車の小ささを感じさせない工夫がGOODです!

スポンサーリンク

後部座席も分割スライド&リクライニングで実用性高め

新型ムーヴ/ムーヴカスタムの後部座席は5:5の分割スライド方式。これは使い勝手良好でしょ!

左右別々にスライドできるので、後席乗員それぞれの体格に合わせて足元を広げたり、荷物の量や大きさに合わせて荷室を広げたりできます。

背面レバーで簡単に操作できるのもいいね~!

しっかり片方のシート毎にリクライニング機構もついています!

左右分割でリクライニングや前倒しができます。後席に座る人それぞれが快適な姿勢で過ごせます。

これで後部座席に二人子供を乗せていた場合でも喧嘩にならずに済みますね♪

大人がゆったり乗る場合やくつろぎスペースにするときも重宝されるでしょう!

シートアレンジによっては車中泊も出来ちゃう軽自動車

そして後部座席の実用性が高いということはシートアレンジも豊富だってこと!

ご覧下さい↓

  • ロングソファモード
  • フロントサイドフラットモード
  • ハーフラゲージモード
  • フルラゲージモード
うん。素晴らしい!

後部座席は5:5の分割可倒式でフラットに倒せるので様々なシートアレンジが楽しめちゃいますね~

ロングソファモードにすれば多少窮屈ではありますが、車中泊だって出来ちゃいそうです!

サーフボードなどの大きな荷物も積めるでしょうし、これは色々なところに出掛けることが出来そうですね♪

スポンサーリンク

後部座席もライバル車と比較してみる!

それでは後部座席もライバル車と比較してみましょう!

ムーヴの後部座席
  • 新型ワゴンRの後部座席と比較
新型ワゴンRワゴンRの後部座席
  • 新型デイズの後部座席と比較
新型デイズデイズの後部座席
  • 新型Nワゴンの後部座席と比較
Nワゴンの後部座席
後部座席はどの車種もスライド機構で自由に足元の広さを調整できるんだね!いい感じ!

ラゲッジスペースは安心のアンダーボックス有り

新型ムーヴ/ムーヴカスタムのラゲッジスペースにはちゃんとアンダーボックスもあります。

ライバル車となる軽自動車には今アンダーボックス(床下収納)はほとんど付いてるもんね~
  • 大容量深底ラゲージアンダーボックス(デッキボード固定フック付)

デッキボードの下には、大容量の収納スペースがあります。ボードを開けたままフックで固定すれば、背の高い荷物も積めます。

このあたりはさすがダイハツさん、抜かりないですね~(笑)

手の届くところにちゃんとある収納スペース

そして実際に生活の中で使用していると結構大切な部分になってくるのが収納部分ですよね。

新型ムーヴ/ムーヴカスタムの車内の収納スペースはしっかり手の届くところに”あったらいいな”があります!

意外に嬉しいのがちゃんとフタが付いているフロントセンターアームレストだったりしますよね~。結構車種によっては収納は充実しているのにフタ付きのところがなかったりする軽もありますから!

あとは助手席のアンダートレイはXターボ“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、Xのみ標準装備となっていますのでご注意を!

内装のおすすめカスタムパーツ&アクセサリー

それでは最後に内装のおすすめカスタムパーツ&アクセサリー紹介しておきましょう!

まずは質感の高いムーヴカスタムをよりドレスアップしていい雰囲気の室内空間にするこちら↓

  • イルミネーションパック ¥45,187
ムーヴカスタム

フロアイルミネーション+センターピラーイルミネーション+インナーハンドルイルミネーション(2個セット)の3点セット。

ただでさえ上質なムーヴカスタムの室内空間がさらにドレスアップされるイルミネーション!相性ばっちりですね~

そして次は小さなお子さんがいても安心の実用性抜群のこちら↓

  • 簡単脱着&洗えるシートクロス(ベージュ)¥32,400
新型ムーヴ

簡単に取り外しでき、汚れても洗濯することができます。

これを付けてれば子供が汚しても何も気になりません!ww

ちなみにこちらブラックもあるので色を楽しむのもあり。これでシート本体が汚れたり傷がつかなければリセールバリューも落ちないので一石二鳥ですね♪

いいねー!でも両方つけたら結構乗り出し価格が高くなっちゃうね(汗)

いえいえ、このオプション部分こそ値引き交渉でディーラーさんに頑張ってもらおうじゃありませんか!

新型ムーブ
新型ムーヴ/カスタムの値引き相場情報「2019年12月の目標は10万円~15万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在、新型ムーヴの値引き相場は、最大約10万円~15万円となっています。内訳は車両本体から10万円前後オプション等で5万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りする車がある方なら、最高値で売却するテクニックも絶対に必要になります。下取りMAXで新型デイズルークスのグレードもアップできるかもしれませんよ!...
スポンサーリンク

まとめ 抜け目のない貫禄ある内装

以上、新型ムーヴ/ムーヴカスタムの内装をたくさんの画像とともに見てきました!

まとめると、

  • コックピットはモダンな雰囲気でドライバに優しい設計
  • 内装カラーは新型ムーヴは基本ベージュ、ムーヴカスタムは基本ブラック
  • 新型ムーブのXターボ“SA Ⅲ”、X“SA Ⅲ”、Xのみブラックインテリアパックが選べる
  • 快適装備は充実しているが、Xシリーズのグレードを選ぶ必要あり
  • 室内空間に狭さは感じず、乗降性も良い
  • 後部座席は分割式でスライド&リクライニングが可能
  • シートアレンジも豊富で窮屈そうだが車中泊もいけそう

といったところでした!

いや~全体的に抜け目のない内装、室内空間でしたね~。さすが軽自動車の先駆者、ムーヴです!

やっぱりこれは”買い”ですな!

軽自動車最高!

スポンサーリンク

新型ムーヴ/カスタムの全記事一覧

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

画像出典ダイハツ公式HP