N-BOX

新型Nボックス/カスタムのおすすめグレードを決定!間違いなく【G・EX】スーパースライドシート仕様を選びたい。

新型Nボックス画像

今回は新型Nボックスのおすすめグレードを決定していきます。売れ筋グレードは【G・LHondaSENSING】ですが・・果たして。。

タントから軽自動車販売ランキング1位を奪取したよね~
グレードが多くで迷っちゃいます。。しっかりとおすすめグレード教えてよ

はい!軽自動車売上NO1の新型Nボックス。安全性能【HondaSENSING】はなんと・・全グレード標準装備。ターボ&4WDもラインナップされていますね。

今回おすすめグレードを選ぶ際に決めておきたいのが、ニーズですね。対象は【子育てママさん&パパさん】とします。

早速ですが結論として・・・おすすめグレードは・・

  • 本命|【G・EX】HondaSENSING 1,596,240円~
  • こだわり派|【カスタム G・EX ターボ】1,949,400円~

子育てママさんニーズに対するおすすめグレードは、【G・EX】HondaSENSINGに決定です。走りも質感にもこだわるなら、【カスタム G・EX ターボ】がベストグレードですね。

では新型Nボックス/カスタムのおすすめグレードを選んだ理由を詳しく見ていきましょう!

記事のポイント
  • 本命|【G・EX】HondaSENSING 1,596,240円~
  • こだわり派|【カスタム G・EX ターボ】1,949,400円~
  • スーパースライドシートが決め手
  • 街乗りならターボは必要なし

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る//
\\↓えっ!?こんなに高いの↓//

新型Nボックス内装画像
新型N-BOX/カスタムの値引き相場情報「2019年7月の目標は10万円~15万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在、新型Nボックスの値引き相場は、最大約10万円~15万円となっています。内訳は車両本体から10万円前後オプション等で5万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りする車がある方なら、最高値で売却するテクニックも絶対に必要になります。下取りMAXで新型Nボックスのグレードもアップできるかもしれませんよ!...
スポンサーリンク

新型Nボックス/カスタムのグレード別価格一覧

新型Nボックス画像
N-BOX
G・Honda SENSING ¥1,385,640~
G・L Honda SENSING ¥1,499,040~
G・L ターボ Honda SENSING ¥1,695,600~
特別仕様車 G・L Honda SENSING カッパーブラウンスタイル ¥1,689,120~
特別仕様車 G・L ターボ Honda SENSING カッパーブラウンスタイル ¥1,789,560~
 G・EX Honda SENSING ¥1,596,240~
G・EX ターボ Honda SENSING ¥1,749,600~
 特別仕様車 G・EX Honda SENSING カッパーブラウンスタイル ¥1,749,600~
 特別仕様車 G・EX ターボ Honda SENSING カッパーブラウンスタイル ¥1,848,960~
N-BOXカスタム
 Custom G・L Honda SENSING ¥1,698,840~
 Custom G・L ターボ Honda SENSING ¥1,895,400~
Custom G・EX Honda SENSING ¥1,752,840~
 Custom G・EX ターボ Honda SENSING ¥1,949,400~

全グレードに安全性能【HondaSENSING】は標準装備になっていますね。カスタムは15万円~20万円ほど割高になっています。エクステリア&インテリアが上質になっていますね。

基本的に【カスタム】はエクステリア&インテリアの装備が上質になったと考えればOKですね。

どれを選べばいいか・・全くわからん。。

ですね。グレードによる違い価格とのバランスが重要なポイントになるので、しっかりと説明しいきますね。ではスタート!!

スポンサーリンク

街乗り主体ならターボは必要なし

新型Nボックス画像

まずはターボの必要性について。スーパーハイトワゴンタイプだと、どうしてもパワー不足が否めないことも。。しかし・・新型Nボックスは・・

i-VTECエンジンの採用により、街中や坂道での加速や高速道路での力強さなどHondaならではの走りはそのままに。

  • 【最高出力】43kW[58PS]/7,300rpm
  • 【最大トルク】65N・m[6.6kgf・m]/4,800rpm

ノンターボはVTECが付いたので かなり良い走りになってる。 高速を年中走る事がない人はノンターボで充分。

と街乗り中心であれば、十分な走行性能を誇っています。ライバル車【スペーシア】と【タント】に大きく差を付けているポイントでもありますね。よって・・・

  • 高速道路や走りを楽しみたい!ってニーズ以外なら、ノンターボで十分

街乗り中心で高速道路や走りにこだわらないなら、ノンターボでOKです!!

グレードによる違いから【G】はおすすめグレードから外れる

新型Nボックス内装画像

まず新型Nボックスのおすすめグレードから外れるのは・・

  • グレード【G】

グレードによる装備の違いから、グレード【G】を選ぶ理由はありません。1番の理由は・・

  • パワースライドドア

が装備されていないから。一応ですが一つ上のグレード【G・L】との価格差は【12万円】程と小さくない差になっています。しかし・・パワースライドドアが付いていないとなると、新型Nボックスを選ぶ理由すらなくなっちゃいますからね。。

確かに・・・パワースライドドアが付いていなのに、新型Nボックスに乗る理由は少ないね笑

よってグレード【G】はおすすめグレードから外れます。異論は無いでしょう。。次にニーズによる違いから外れるグレードを選んでいきましょう!

ニーズによる違いから【スロープ仕様】も外れる

新型Nボックス内装画像グレードによる違い

新型Nボックスには、3種類のシート仕様がラインナップされていますね。今回選ぶおすすめグレードのニーズは・・

  • 子育てママさん&パパさん

でしたね。ニーズによる違いから、【スロープ仕様】はおすすめグレードから外れます。スロープ仕様は車いすや特殊なニーズなら、素晴らしい仕様なのであしからず。。

次に【G・L】と【G・EX】のグレードによる違いを見ていきましょう!

【G・L】と【G・EX】のグレードによる違い

【G・L】と【G・EX】の価格差からまずは見ていきましょう!

  • 【G・L】  1,499,040円~
  • 【G・EX】 1,596,240円~

価格差は【10万円】程となっています。グレードによる大きな違いは・・

  • スーパースライドシートは【G・EX】に標準装備
新型Nボックス内装画像スーパースライドシート

何よりも大きなグレードによる違いですね。【G・L】は運転席&助手席はベンチシートになっています。

他にもグレードによる装備の違いってあるの!!??

もちろんありますね。【G・EX】にのみ標準装備なのが・・

  • フルオートエアコンプラズマクラスター技術搭載
  • 前席用サイドエアバッグ&カーテンエアバッグシステム
  • 後部座席シートベルト締め忘れ警告灯
  • アレルクリーンプラスシート

大きな違いは以上ですね。。どれも【子育てママさん】に嬉しい快適装備になっています。価格差以上の価値があるはず。。

スポンサーリンク

子育て|おすすめグレードは【G・EX】で決定!!

新型Nボックス画像

新型Nボックスのおすすめグレードが決まりました!!結果は・・・

  • 本命|【G・EX】1,596,240円~

決めてはやはり【スーパースライドシート】ですね。タントで言えば【ミラクルオープンドア】といったように、新型Nボックスの新たな魅力と言えるからですね。

やっぱりスーパースライドシートは魅力だよね!!快適装備も充実しているし。。

今回のニーズを考えても、スーパースライドシートは・・

  • ウォークスルーも出来る
  • 後部座席へのアクセスが容易

日常シーンをぐんっと快適にアップしてくれうこと間違いありません。よっておすすめグレードは【G・EX】で決定です!!

次に【こだわり派】のおすすめグレードを発表しますね!

こだわり派|【カスタム/G・EXターボ】がおすすめ!

新型Nボックスカスタム画像

こだわり派のおすすめグレードは・・・

  • 【カスタム/G・EXターボ】1,949,400円~

乗り出し価格で200万円オーバーは確実ですが、こだわり派なら【カスタム/G・EXターボ】をおすすめしたいですね。

カスタムにする必要性ってあるの!!??

カスタムを選ぶ大きな理由は・・15インチアルミホイール↓↓

新型Nボックスカスタム画像

通常14インチアルミホイールに対して、【カスタム/G・EXターボ】は15インチアルミホイールを装備。やっぱりこだわり派なら15インチアルミホイールを選びたいじゃないですか!!

他にもカスタムを選ぶ理由として・・

  • シーケンシャルターンシグナルランプ
  • カラードテールゲートスポイラー
  • フルLEDライト類
  • LEDフォグライト

せっかくターボに乗ってこだわるなら、【カスタム/G・EXターボ】はベストグレードですね。所有する喜びがぐんっとアップします!!

新型Nボックス内装画像
新型N-BOX/カスタムの値引き相場情報「2019年7月の目標は10万円~15万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在、新型Nボックスの値引き相場は、最大約10万円~15万円となっています。内訳は車両本体から10万円前後オプション等で5万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りする車がある方なら、最高値で売却するテクニックも絶対に必要になります。下取りMAXで新型Nボックスのグレードもアップできるかもしれませんよ!...
スポンサーリンク

まとめ スーパースライドシートは絶対欲しい

新型Nボックス内装画像収納スペース

新型Nボックスのおすすめグレードを決定していきました。まとめると・・

  • 本命|【G・EX】HondaSENSING 1,596,240円~
  • こだわり派|【カスタム G・EX ターボ】1,949,400円~

といった結果に。。新型Nボックスのおすすめグレードを選ぶ上でこだわったのが・・

  • スーパースライドシート仕様

ですね。走行性能や安全性能はもちろんのこと、やっぱり最大の魅力はスーパースライドシートだと判断しました。特に子育てママさん&パパさんには。。

快適装備も充実しているし、文句なしのおすすめグレードです!!

高速道路や走りを楽しみたいなら、【カスタム/G・EXターボ】がベストグレードですね。所有する満足感も高い1台です。

試乗に行く際には、今回選んだおすすめグレードを参考にしてくださいね!!スーパースライドシートを体感してくださいね!

軽自動車最高!!

新型N-BOXの全記事一覧
スポンサーリンク

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

画像テキスト引用HONDA公式HP