スーパーハイトワゴン

新型Nボックス/カスタムの価格とサイズをタント・スペーシア・デイズルークスとライバル車比較!標準装備の差がポイント

新型Nボックス画像

今回は新型Nボックスのサイズ・価格をまとめて見ていきましょう!スーパースライドシートが話題を独占していますね。

ミニバン並のスーパースライドシートはインパクトあるよね~

群雄割拠のハイトールワゴンでKINGに君臨するのが新型Nボックス。2017年のモデルチェンジによって向かう所敵なし状態が続いていますね。

そんな新型Nボックスのサイズ・価格をまとめて見ていきましょう!ライバル車との比較もどうぞ!!

記事のポイント
  • 価格帯に割安感は無いが標準装備を考えれば安い
  • HondaSENSINGが全グレード標準装備
  • カスタム・4WD・ターボのラインナップがある
  • 室内の広さはトップクラス

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

新型Nボックス内装画像
新型N-BOX/カスタムの値引き相場情報「2019年12月の目標は10万円~15万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在、新型Nボックスの値引き相場は、最大約10万円~15万円となっています。内訳は車両本体から10万円前後オプション等で5万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りする車がある方なら、最高値で売却するテクニックも絶対に必要になります。下取りMAXで新型Nボックスのグレードもアップできるかもしれませんよ!...
スポンサーリンク

新型Nボックスのグレード別価格一覧

新型Nボックス画像
N-BOX
G・Honda SENSING ¥1,411,300~
G・L Honda SENSING ¥1,526,800~
G・スロープ Honda SENSING ¥1,575,640~
G・EX Honda SENSING ¥1,625,800~
G・スロープL Honda SENSING ¥1,689,040~
特別仕様車 G・L Honda SENSING カッパーブラウンスタイル ¥1,720,400~
G・L ターボ Honda SENSING ¥1,727,000~
特別仕様車 G・EX Honda SENSING カッパーブラウンスタイル ¥1,782,000~
G・EX ターボ Honda SENSING ¥1,782,000~
特別仕様車 G・L ターボ Honda SENSING カッパーブラウンスタイル ¥1,822,700~
特別仕様車 G・EX ターボ Honda SENSING カッパーブラウンスタイル ¥1,883,200~
G・スロープL ターボ Honda SENSING ¥1,885,600~

N-BOXの価格帯は¥1,411,300~¥2,016,300となっています。4WDもラインナップされ+13万円。他にスロープ車+19万円のラインナップもあります。

エントリーグレードは150万円以内もあるんだね。

全グレード先進安全技術「Honda SENSING」が標準装備となっています。これは嬉しいポイントでしょう。

新型Nボックス【カスタム】のグレード別価格一覧

新型Nボックスカスタム画像
N-BOXカスタム
Custom G・L Honda SENSING ¥1,730,300~
Custom G・EX Honda SENSING ¥1,785,300~
Custom G・スロープL Honda SENSING ¥1,888,840~
Custom G・L ターボ Honda SENSING ¥1,930,500~
Custom G・EX ターボ Honda SENSING ¥1,985,500~
Custom G・スロープL ターボ Honda SENSING ※車いす専用装備 非装着車 ¥2,183,500~

N-BOXカスタム価格帯は¥1,730,300~¥2,316,600となっています。標準タイプと同じく4WD&スロープ車もラインナップされています。

ターボもラインナップされているんだね。

内外装を豪華にしたカスタムは標準タイプより+20万円程。拘りたいユーザーさんにおすすめですね。

次に新型N-BOXの車体・室内サイズを見ていきましょう!

スポンサーリンク

新型Nボックスの車体サイズ・室内の広さ

新型Nボックス内装画像

新型Nボックスの大きさ・サイズをまとめると・・

全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1790-1815mm
室内長 2060-2240mm
室内幅 1350mm
室内高 1400mm
車両重量 890kg-970kg
ホイールベース 2520mm
最小回転半径 4.5-4.7m
王道のハイトールワゴンのサイズ感ですかね。

新型Nボックスがハイトールワゴンの基準!といっても過言ではないでしょう。ダイハツ新型タントとの熾烈な争いが年々繰り広げられている状況です。

新型N-BOX内装画像 新型N-BOX内装画像

室内の広さは【まさに!広すぎ】って表現がぴったりでしょうね。では、ライバル車とサイズと価格帯をちょっと比較してみましょうか!

スポンサーリンク

ライバル車と価格&サイズ比較

新型N-BOX画像

新型N-BOXのライバル車と言えば、

  • ダイハツ・タント
  • スズキ・スペーシア
  • ニッサン・デイズルークス

でしょう。しのぎを削る競争を繰り広げていますね。では新型N-BOXと価格・サイズを比較していきましょう。

新型タントとサイズ・価格を比較 広さはN-BOXが勝る

新型タント画像

新型タントと価格帯を比較すると、

価格比較 タント N-BOX
標準タイプ ¥1,243,000~¥1,716,000 ¥1,411,300~¥2,016,300
カスタム ¥1,578,500~¥1,908,500 ¥1,730,300~¥2,316,600
タントに割安感を感じるね。

新型タントの価格帯は¥1,243,000~¥1,716,000となっていますね。加えて4WDも選択可能になっています。

新型タントフルモデルチェンジ
新型タント/カスタム2019年7月にフルモデルチェンジで発売開始!駐車支援システムまで装備しているとはあっぱれ今回は新型タント/カスタムのフルモデルチェンジ最新情報をお届けしますね。2019年7月に発売決定! ですね。新型Nボックス...

N-BOXは安全性能【HondaSENSING】が全グレード標準装備となっているので、実質の価格帯は同等です。

次に車体・室内サイズを比較していきましょう。

新型タント車体サイズ室内サイズ
サイズ比較 タント N-BOX
全長 3395mm 3395mm
全幅 1475mm 1475mm
全高 1755mm 1790-1815mm
室内長 2060-2180mm 2060-2240mm
室内幅 1350mm 1350mm
室内高 1370mm 1400mm
ホイールベース 2460mm 2520mm
最小回転半径 4.4-4.7m 4.5-4.7m
車両重量 880kg-970k 890kg-970kg
タントの魅力は、ミラクルオープンドアだよね~

新型Nボックスと比較すると・・・

  • 価格帯はタントが割安感
  • 室内の広さは数字上、Nボックスが広い

といった結果に。。しかし・・Nボックスは安全性能【HondaSENSING】が全グレード標準装備になっています。室内の広さはNボックスがリードする結果になりましたね。

新型タント安全性能
新型タント/カスタムの評価は96点。辛口な口コミ・評判はエクステリアにあり。安全性能は軽自動車トップレベル2019年新型タントのオリジナル評価は96点です!まとめると、先進安全装備もこれでもか!って充実エクステリアは「何か」が欲しかった内装の使い勝手はまさに「革命」燃費は及第点以上乗り心地は「DNGA」で大幅に改善価格設定はライバル車と比較してもお買い得感といった結果になりました。先進安全装備もこれでもか!って充実しているので、ママさんにも、高齢者のユーザーさんにもおすすめです。...

新型スペーシアとサイズ・価格比較 価格帯は同等

新型スペーシア画像

新型スペーシアと価格帯を比較すると、

価格比較 スペーシア N-BOX
標準タイプ ¥1,298,000~¥1,619,200 ¥1,411,300~¥2,016,300
カスタム/ギア ¥1,545,500~¥1,943,700 ¥1,730,300~¥2,316,600
ちょっとNボックスのほうが高く見えるかな~。

スペーシアはマイルドハイブリッドとなっています。スペーシアはグレード構成がシンプルなので、グレード間の価格差は小さいですね。N-BOXとの比較では、割安な価格帯と言えるでしょう。

次に車体・室内サイズを比較すると、

新型スペーシア内装画像
サイズ比較 スペーシア N-BOX
全長 3395mm 3395mm
全幅 1475mm 1475mm
全高 1785-1800mm 1790-1815mm
室内長 2155mm 2060-2240mm
室内幅 1345mm 1350mm
室内高 1410mm 1400mm
ホイールベース 2460mm 2520mm
最小回転半径 4.4-4.6m 4.5-4.7m
車両重量 880-950kg 890kg-970kg
スペーシアは後部座席の乗り心地に定評があるよね~

新型Nボックスと比較すると・・・

  • 価格帯は同等
  • 室内の広さは数字上、Nボックスが広い

価格帯は同等といった結果に。室内の広さはNボックスが広いですね。スペーシアは室内高が高いので、開放感があります。

新型スペーシア画像
新型スペーシア/カスタム/ギアの評価は94点!辛口な口コミ・評判はターボの選択肢。乗り心地と使い勝手は子育てママさんにも高評価。新型スペーシア/カスタム/ギアの評価・口コミをまとめて見ていきました。まとめると・・もはやミニバン並の実用性と装備と言えるでしょうね。家族4人までならファミリーカーとしても十分通用する内容になっていましたね。選べる3つのスタイル室内の広さはトップレベル安全性能の高さ快適装備の充実両側パワースライドドアミニバン並といっても過言ではないでしょうね。全方位モニターやヘッドアップディスプレイ、パワーモードなど・・これ本当に軽自動車!?って言いたくなります笑。...

新型デイズルークスとサイズ・価格比較 装備を考えればN-BOXが安い

新型デイズルークス画像

新型デイズルークスと価格帯を比較すると、

価格比較 デイズルークス N-BOX
標準タイプ ¥1,342,000~¥1,624,700 ¥1,411,300~¥2,016,300
カスタム ¥1,669,800~¥1,988,800 ¥1,730,300~¥2,316,600
やっぱりNボックスのほうが高いね~

ただ標準装備の充実まで考えれば、N-BOXが高いとは一概には言えないかも。

例えば、アダプティブクルーズコントロールもN-BOXは標準装備となっていますしね!

次に車体・室内サイズを比較すると、

新型デイズルークス内装
サイズ比較 デイズルークス N-BOX
全長 3395mm 3395mm
全幅 1475mm 1475mm
全高 1775mm 1790-1815mm
室内長 2235mm 2060-2240mm
室内幅 1320mm 1350mm
室内高 1400mm 1400mm
ホイールベース 2430mm 2520mm
最小回転半径 4.4-4.7m 4.5-4.7m
車両重量 920-1010kg 890kg-970kg
オーテックの特別仕様車もラインナップされていますね。

新型Nボックスと比較すると・・・

  • 価格帯は同等だが、標準装備を考えればN-BOXが安い
  • 室内の広さは数字上、Nボックスが広い

価格帯は同等。室内の広さはNボックスが広いですね。。新型デイズルークスは安全性能インテリジェントエマージェンシーブレーキが装備されています。

新型デイズルークス評価
新型デイズルークスの評価は76点!辛口な口コミ・評判は走行性能にあり。長距離ドライブならターボが必須新型デイズルークスの評価・口コミをまとめてみていきました。まとめると・・室内の広さは高評価内装の質感の評価もGOOD安全性能は及第点以上乗り心地も評価が高いといった結果に。しかし・・辛口な口コミがあるのも事実。。「辛口な口コミ」ノーマルの走行性能は厳しい・・「辛口な口コミ」燃費性能はライバル車に劣る...
新型Nボックス内装画像
新型N-BOX/カスタムの値引き相場情報「2019年12月の目標は10万円~15万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在、新型Nボックスの値引き相場は、最大約10万円~15万円となっています。内訳は車両本体から10万円前後オプション等で5万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りする車がある方なら、最高値で売却するテクニックも絶対に必要になります。下取りMAXで新型Nボックスのグレードもアップできるかもしれませんよ!...
スポンサーリンク

まとめ スーパースライドシートで【1歩】先へ

新型Nボックス内装画像

新型Nボックスのサイズ・価格をまとめて見ていきました。ライバル車と比較した結果は・・

  • 価格帯に割安感は無いが標準装備を考えれば安い
  • HondaSENSINGが全グレード標準装備
  • カスタム・4WD・ターボのラインナップがある
  • 室内の広さはトップクラス

価格は安い!!とは言えない結果に。しかし・・安全性能【HondaSENSING】や装備、そしてリセールバリューを考えれば・・むしろ割安なのかもしれません。

そして新型Nボックスの最大の魅力は・・スーパースライドシート↓↓

新型Nボックス画像

スライド量57cmの大きく前後に動かせる革新のシートを開発。スライドリアシートと組み合わせれば、車内の過ごし方や乗り降りの自由度がさらに広がります。

スライド幅・・57cm!!後部座席のチャイルドシートへのアクセスもGOODです。子育てママさんにも大変嬉しいポイントではないでしょうか!!

後部座席の乗り降りには、スーパースライドシートを前方にスライドさせれば、ウォークスルーだって可能に。。

売れ行きNO1の名に恥じない出来になっていますね。安全性能や走行性能も含め、ライバル車と比較すると・・【1歩】先に行っていると言っても過言ではないでしょう

試乗に行く際には、是非スーパースライドシートを体感してくださいね!便利すぎる事間違いなし!!

軽自動車最高!!

スポンサーリンク

新型N-BOXの全記事一覧

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

画像テキスト引用日産公式HPSUZUKI公式HPHONDA公式HPダイハツ公式HP