ハイトワゴン

新型ワゴンRのおすすめグレード大決定!後悔しないグレードはハイブリッドFX!セーフティパッケージがポイントです!

新型ワゴンR フロントマスク

今回は新型ワゴンRのおすすめグレードを決めていきたいと思います!

もはや軽自動車の定番といわれるほどの人気車だからね!グレード選びは悩ましいな~
価格面と装備面の両方で満足できるグレードがいいな!

新型ワゴンRは収納装備や快適装備は比較的全グレードで標準装備となっているので、後悔しないグレードの選びのポイントは、

  • 安全性能
  • 見た目

この2つがポイントとなりまして、、、今回は当ブログが選んだグレードは、、、

ハイブリッドFXです!

詳しく説明していきますよ!

記事のポイント
  • 安全性能の「スズキ セーフティ サポート」は新型ワゴンRの魅力の一つ
  • 「スズキ セーフティ サポート」はハイブリッドFX、ハイブリッドFZのセーフティパッケージじゃないと装着できない
  • セーフティパッケージはメーカーオプションで¥96,120
  • FXとFZは見た目の好みで決めてよし!

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

新型ワゴンR
新型ワゴンR/スティングレーの値引き相場情報「2019年12月の目標は10万円~15万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在、新型ワゴンRの値引き相場は、最大約10万円~15万円となっています。内訳は車両本体から10万円前後オプション等で5万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りする車がある方なら、最高値で売却するテクニックも絶対に必要になります。下取りMAXで新型デイズルークスのグレードもアップできるかもしれませんよ!...
スポンサーリンク

新型ワゴンR/スティングレーのグレード別 価格

まずは新型ワゴンRの価格をグレード別に見てみましょう!

新型ワゴンR
ワゴンR
FA ¥1,078,920~
ハイブリッドFX ¥1,177,200~
ハイブリッドFZ ¥1,350,000~

※ハイブリットモデルはすべてCVTです。

新型ワゴンRの価格帯は¥1,078,920~¥1,593,000となっています。

新型ワゴンRスティングレー
ワゴンRスティングレー
ハイブリッドX ¥1,488,240~
ハイブリッドT ¥1,658,880~

※ハイブリットモデルはすべてCVTです。

新型ワゴンRスティングレーの価格帯は¥1,488,240~¥1,779,840となっています。

新型ワゴンR
新型ワゴンR/スティングレーの価格・サイズをライバルと比較してみた!特徴は軽い車両重量と広い室内長!ハイトワゴンの先駆者である定番車となっているスズキ新型ワゴンRの価格やサイズ、馬力をライバル車と比較してつつまとめてみました!新型ワゴンRの価格帯は¥1,078,920~¥1,593,000、新型ワゴンRスティングレーの価格帯は¥1,488,240~¥1,779,840となっていて、他のライバル車とほぼ一緒の価格帯。そしてなんといっても魅力的なのはMT仕様車とハイブリッドモデルがあることでしょう。しかもライバルと比べると車両重量が軽めなので、間違いなく低燃費に繋がっているというメリットもあります。そして室内長がライバルより長いため、後部座席のスライド機構があることにも繋がっていそうですね!...
マニュアル車が欲しい場合は必然的にFAになっちゃうけど、ワゴンRでマニュアル車にする必要性は感じないかな。。

ハイブリッドではないFAの価格が100万円台というのは一つの魅力になるでしょう。

新型ワゴンRFA

↑見た目↑はハイブリッドFXとも変わりませんしね。

 

しかし!

大切なのは安さだけじゃありません!後悔しない装備や見た目っていうのは大事ですよ~

スポンサーリンク

ターボエンジンが欲しいなら迷わずスティングレー!

そしてみなさん気になる新型ワゴンRのスティングレー!

スティングレーにはハイブリッドモデルしかありませんが、やっぱりスティングレーを選ぶ人はターボエンジンが欲しい人でしょう!

しかも軽ワゴンターボでも燃費は28.4km/Lありますからね!

新型ワゴンR
新型ワゴンRの燃費をライバル車と比較!実際の燃費は2WDハイブリッドで22~24km/L、4WDで16~23km/L。今回は新型ワゴンRの燃費性能についてライバル車と比較しつつ見ていきたいと思います!実際の燃費はどれくらいになるんでしょう? ...
それは素晴らしいね!

あとは内装もブラック一色の設定でちょっとラグジュアリーな雰囲気↓

新型ワゴンRスティングレー
新型ワゴンRインパネコックピット
新型ワゴンRの内装を画像53枚でレビュー!スティングレーとの違いは?シートアレンジで車中泊も可能だ!新型ワゴンRの内装を大量画像でレビューしていきます!まずコックピット、インパネ部分はとても今時デザインでヘッドアップディスプレイまでも搭載!お洒落感も満載です!内装カラーはブラックとベージュの2種類で車内空間は大人4人乗車でも余裕の広さがあります。ラゲッジルームも軽自動車では十分な積載量となっていて後部座席は5:5の分割可倒式でシートアレンジが豊富なので車中泊も可能でしょう。快適装備(アンブレラホルダーなど)が充実しているのはハイブリッドモデル&セーフティパッケージで収納装備はほとんど全グレードに標準装備なので嬉しい限りです!...

ただ今回は街乗り基本で価格も抑えたいという設定でいきたいと思いますので、、スティングレーはまず候補から除外させていただきます。。。あしからず。

まず大切な安全性能|「スズキセーフティサポート」

装備面としてやっぱり第一に見ておきたい&大切なのが安全性能。

新型ワゴンRの安全性能はライバル車より一歩先を行っている優れものですから!

なんといってもこちらの「スズキ セーフティ サポート」ですよ!

新型ワゴンR

安心して、楽しくスズキのクルマに乗っていただきたいという想いから生まれた「スズキ セーフティ サポート」。事故を未然に防ぎ、お客様の万一のときの安全を確保するために、運転をサポートする様々な技術で、ヒヤリとする場面も限りなくゼロに近づけていきます。

新型ワゴンR

目玉となる安全性能はなんといっても、デュアルセンサーブレーキサポートです。

新型ワゴンR

フロントガラスに設置した2つのセンサーで、前方の歩行者やクルマを検知。近距離や夜間の検知に優れたレーザーレーダーと、歩行者も認識する単眼カメラを組み合わせ、コンパクトなシステムを実現しました。自動ブレーキ機能や誤発進抑制機能などで万一の危険を予防します。

歩行者までしっかり検知してくれるところが最新の性能になるよね!

歩行者の検知はもちろんのこと、車両に対する衝突警報や追突被害軽減ブレーキが約100km/hまで機能してくれるというのは、他の軽自動車の追随を許さない高性能さです!

素晴らしい!これだけでもワゴンRを購入する決め手になり得るよね!
スポンサーリンク

安全性能面でグレードのFAは脱落となります・・・

ところがこのデュアルセンサーサポートなどの安全性能が含まれる「スズキ セーフティ サポート」は

  • ハイブリッドFX
  • ハイブリッドFZ

のグレードでしか選べないセーフティパッケージを装着しなければいけないのです!(全方位モニター用カメラは別です)

はい、つまりこの時点でグレードのFAは脱落になります。。。

ほうほう。ところでセーフティパッケージって何?

セーフティパッケージは絶対に付けるべき!

セーフティパッケージとはメーカーオプションの一つになっていて、

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
新型ワゴンR
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト
  • ヘッドアップディスプレイ
新型ワゴンR
  • キーレスプッシュスタートシステム
新型ワゴンR

これら全ての機能がついてオプションで¥96,120となります!

わぉ!これだけの機能が付いて10万円以下のオプション料金なら安いと言えるよ!
ヘッドアップディスプレイなんて憧れちゃう~(笑)

その通り!セーフティパッケージは必須オプションですね!

そしてグレードもハイブリッドFXかFZの二択となります!

ハイブリッドFZとFXで悩んだ場合

じゃあFZとFXの違いは何?価格は17万円くらいの差があるけど・・・

大きく言うなら、

  • 前後スタビライザーの有無
  • 見た目の違い

この2つです!

前後スタビライザーの有無ですが、走行安定性を高める為に前後の足回りにボディの傾き方を制御するスタビライザーを装着しているということで、新型ワゴンRだと唯一ハイブリッドFZのみが装着されています(新型ワゴンRスティングレーにも装着されています)

ただ、正直街乗りがメインならば前後スタビライザーがなくても安定性に不安はなし。

山道をガンガン走りたいとかなら別ですが、今回は特別必要性は感じませんね!

と、、なると?
スポンサーリンク

街乗りメインなら見た目の好みで決めよう!

はい。あとは見た目の好みで決めましょう(笑)

新型ワゴンR
  • ハイブリッドFX
新型ワゴンRハイブリッドFX
  • ハイブリッドFZ
ハイブリッドFZ

ハイブリッドFZのほうが主張の強いフロントデザインで”イマドキ”な雰囲気。対するハイブリッドFXはシンプルで定番の可愛らしい雰囲気です。

僕はFZの見た目のほうが好きかな~
私はFXの見た目のほうが好き!

FZのほうがリヤデザインやホイール(アルミホイール)など価格が高いだけあり高級感もあるかもしれませんが、好き嫌いが分かれるデザインなことは間違いありません。

今回当ブログでは17万円安いという点と見た目の可愛らしい主張しすぎないデザインを考慮してハイブリッドFXを選びたいと思います!

新型ワゴンR
新型ワゴンR/スティングレーの値引き相場情報「2019年12月の目標は10万円~15万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在、新型ワゴンRの値引き相場は、最大約10万円~15万円となっています。内訳は車両本体から10万円前後オプション等で5万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りする車がある方なら、最高値で売却するテクニックも絶対に必要になります。下取りMAXで新型デイズルークスのグレードもアップできるかもしれませんよ!...
スポンサーリンク

まとめ ハイブリッドFXで装備は大満足!

以上、新型ワゴンRのおすすめグレードはハイブリッドFXとなる理由を説明してきました~

新型ワゴンR 新型ワゴンR

まとめると、

  • 安全性能の「スズキ セーフティ サポート」は新型ワゴンRの魅力の一つ
  • 「スズキ セーフティ サポート」はハイブリッドFX、ハイブリッドFZのセーフティパッケージじゃないと装着できない
  • セーフティパッケージはメーカーオプションで¥96,120
  • FXとFZは見た目の好みで決めてよし!

ということでした!

比較的シンプルに後悔しないグレードを選ぶことが出来たと思います!

FXとFZの価格差は17万円程ですから、自分の予算と相談しつつ、どちらかのグレードを選べば後悔はしないでしょう!

街乗りだけじゃないという環境の人は前後スタビライザー装備という点で走行安定性を踏まえFZを選ぶのもいいと思いますね!

ということで、今回はこのへんで。あなたの新型ワゴンR購入のちょっとした手助けになれれば幸いです♪

軽自動車最高!

スポンサーリンク

新型ワゴンR/スティングレーの全記事一覧

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

画像出典SUZUKI公式HP