ハイトワゴン

新型ワゴンRスティングレーのライバルはコンパクトカー!【標準タイプとの違いまとめ】選ぶならターボエンジンがおすすめ!

新型ワゴンRスティングレー

今回は新型ワゴンRスティングレーについてみていきましょう!

出ました!スティングレー!好きな人にはたまらないラインナップだよね!
スティングレー・・?普通のワゴンRと何が違うの?

簡単に言ってしまえば、新型ワゴンRの上位モデルに位置づけする車です!

通常のワゴンRとほとんどが同じだけど要所要所にこだわりの装備が見られるのが特徴。どうしたって高級感という括りではスティングレーのほうが上になっちゃいます!

いざご覧あれ!

記事のポイント
  • 価格は標準タイプのワゴンRより30万円ほど高い設定
  • ハイブリッドTのみがターボエンジン
  • クルーズコントロールとパドルシフトがハイブリッドTだけ装備されている
  • 見た目の大きな違いはフロントマスクでスティングレーはアメリカンテイスト
  • 内装は質感の向上によって高級感とスポーティな雰囲気
  • スティングレーの実燃費も約18km~20km/Lほど
  • オーナーさんの評判も良好。もはやライバルはコンパクトカー

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

新型ワゴンR
新型ワゴンR/スティングレーの値引き相場情報「2019年12月の目標は10万円~15万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在、新型ワゴンRの値引き相場は、最大約10万円~15万円となっています。内訳は車両本体から10万円前後オプション等で5万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りする車がある方なら、最高値で売却するテクニックも絶対に必要になります。下取りMAXで新型デイズルークスのグレードもアップできるかもしれませんよ!...
スポンサーリンク

新型ワゴンRスティングレーのグレード別 価格表

まずは新型ワゴンRスティングレーのグレード別の価格がこちら↓

ワゴンRスティングレー
ハイブリッドX ¥1,488,240~
ハイブリッドT ¥1,658,880~

※ハイブリットモデルはすべてCVTです。

新型ワゴンRスティングレーの価格帯は¥1,488,240~¥1,779,840となっています。

今スティングレーだと全部マイルドハイブリッドモデルになるんだね~

その通り。通常タイプの新型ワゴンRの価格帯が¥1,078,920~¥1,593,000となるので、プラス30万円くらい高い設定となっています。

最上位グレードのハイブリッドTは170万円近くするのか~
新型ワゴンR
新型ワゴンR/スティングレーの価格・サイズをライバルと比較してみた!特徴は軽い車両重量と広い室内長!ハイトワゴンの先駆者である定番車となっているスズキ新型ワゴンRの価格やサイズ、馬力をライバル車と比較してつつまとめてみました!新型ワゴンRの価格帯は¥1,078,920~¥1,593,000、新型ワゴンRスティングレーの価格帯は¥1,488,240~¥1,779,840となっていて、他のライバル車とほぼ一緒の価格帯。そしてなんといっても魅力的なのはMT仕様車とハイブリッドモデルがあることでしょう。しかもライバルと比べると車両重量が軽めなので、間違いなく低燃費に繋がっているというメリットもあります。そして室内長がライバルより長いため、後部座席のスライド機構があることにも繋がっていそうですね!...
スポンサーリンク

スティングレーの特徴 ターボはハイブリッドTのみ

新型ワゴンRスティングレー
スティングレーはなんかエンジンが違うの?
  • ハイブリッドXはマイルドハイブリッド
  • ハイブリッドTはマイルドハイブリッド+ターボエンジン

という特徴があります!

ハイブリッドTがターボエンジンなんだ!

ポイントはターボエンジンとなるのはハイブリッドTだけというところ。

つまりパワフルな走りを期待するのであれば、スティングレーでもハイブリッドTを選ばなければ意味がないということです!

ここ大事。覚えておきましょう。試験に出ますよ~(笑)

スティングレーのエクステリア|標準タイプとの違いは

スティングレー=パワフルな走りだと決め付けがちだけど、グレードによって変わってくるんだね~。他に通常のワゴンRとの違いはどこになるの?

まずエクステリア(見た目)の大きな違いはフロントマスクです↓

ホントだ!ワゴンRとは全然違うね!

最近のアメリカンなテイストをふんだんに盛り込んだワイルドな見た目のフロントマスクです。カスタム好きなちょっとイカつい雰囲気が好きな人にはたまらないデザイン。

リヤデザインは通常モデルのハイブリッドFZと似ています↓

スティングレー
新型ワゴンR通常タイプのハイブリッドFZ

スティングレーには、

  • クリアタイプのテールレンズ
  • エアロバンパー

が付いていて、ゴージャス感&スポーティな雰囲気を醸し出しています!

スポンサーリンク

スティングレーのインテリア(内装)|標準タイプとの違いは

なるほど。スティングレーはワイルド系だわ(笑)内装はどんな感じ?

内装のシート表皮はファブリック仕様なので標準タイプのワゴンRと変わらないのですが、全体的な高級感はさすがのスティングレー↓

新型ワゴンRスティングレースティングレー
スティングレー
通常のワゴンR
新型ワゴンR通常のワゴンR

スティングレーのほうはインパネの質感やシート形状が高級感とスポーティな雰囲気を醸し出しているのがわかると思います!

間違いない。価格が30万円高くなっているだけのことはあるわ!

ちなみに通常のワゴンRと違って、スティングレーでは内装シートカラーはブラックのみとなります。

新型ワゴンRインパネコックピット
新型ワゴンRの内装を画像53枚でレビュー!スティングレーとの違いは?シートアレンジで車中泊も可能だ!新型ワゴンRの内装を大量画像でレビューしていきます!まずコックピット、インパネ部分はとても今時デザインでヘッドアップディスプレイまでも搭載!お洒落感も満載です!内装カラーはブラックとベージュの2種類で車内空間は大人4人乗車でも余裕の広さがあります。ラゲッジルームも軽自動車では十分な積載量となっていて後部座席は5:5の分割可倒式でシートアレンジが豊富なので車中泊も可能でしょう。快適装備(アンブレラホルダーなど)が充実しているのはハイブリッドモデル&セーフティパッケージで収納装備はほとんど全グレードに標準装備なので嬉しい限りです!...

性能、装備面での違いはパドルシフトとクルーズコントロール

続きましては新型ワゴンRスティングレーの装備面ですが、基本的には新型ワゴンRと大きな違いはありません。両方充実の快適装備に先進安全性能を備えています。

その中でもスティングレーのみの装備となるものを挙げるとするならば以下の2つでしょう!

  • パドルシフト

シフトレバーをMレンジへ入れれば、ドライブが一気にスポーティーに。7速マニュアルモードに切り替わり、ステアリングに装備されたパドルシフトで、シフトチェンジの爽快感を味わうことができます。

  • クルーズコントロール

走行中に「クルーズコントロールスイッチ」を操作することで、アクセルを踏み続けなくても、設定された速度(約45~100km/h)を自動的にキープ。高速走行時や長距離走行でドライバーの負担を軽減します。

そーいえばこの2つは通常の新型ワゴンRにはなかったね!

ただし。

この2つの装備はスティングレーの中でもハイブリッドTだけに備わっているもの。これまた要チェックです(笑)

あれ・・ターボエンジンなのもハイブリッドTだけだったよね?

その通り!

こうなってくるとスティングレーならハイブリッドTを選ぶべき!みたいな感じになってきますね~

スポンサーリンク

スティングレーハイブリッドT(ターボ)の実燃費は18km~20km/L

ちなみに新型ワゴンRスティングレーの公式燃費数値は、

新型ワゴンRスティングレー
  • ハイブリッドモデル(2WD)で33.4km/L
  • ハイブリッド&ターボエンジンで28.4km/L

となります。

おぉ!ターボエンジンで28.4km/Lは凄いね!さすがスズキさんのマイルドハイブリッド!

燃費性能に関しては、ステイングレーも通常の新型ワゴンRも変わりはありませんね!

ちなみにスティングレーハイブリッドTのオーナーさんの実燃費報告はこちら↓

アイドリングストップ&エアコンオンの数字で一般道で20Km/Lちょっと。高速だと18~19Km/L位です。ターボでこれだけの燃費なら満足です。

まさにターボの実燃費としては満足のいく数値でしょう!

新型ワゴンR
新型ワゴンRの燃費をライバル車と比較!実際の燃費は2WDハイブリッドで22~24km/L、4WDで16~23km/L。今回は新型ワゴンRの燃費性能についてライバル車と比較しつつ見ていきたいと思います!実際の燃費はどれくらいになるんでしょう? ...

新型ワゴンRスティングレーの口コミ評判「もはや軽自動車の域を超えた!?」

それではここで新型ワゴンRスティングレーの評判口コミを覗いてみましょう!

新型ワゴンRスティングレー
新型ワゴンR口コミ評価
新型ワゴンRの口コミ評判まとめ!オリジナル評価点は87点!コンパクトカーに匹敵する軽自動車である!新型ワゴンRの総合評価は★4.5!オリジナル評価点は87点です!まとめておくと、①特徴的なデザイン(見た目)が気に入られている②内装は収納力やシートアレンジによる実用性の評判がいい③実燃費は22km~24km/Lほどだがオーナーさんの満足度は高い④走行性能、乗り心地は先代モデルから確実に進化が感じられる⑤安全装備等を考えれば価格は相応(値引きもしてくれる)といった感じでしたね!総じてかなり好印象な軽自動車でした!...

エクステリアの口コミ評判「いかつい見た目が好きな人に好印象」

フロントマスクといい斜めに切れ上がったサイドビューといいイカツイ車が好きな人にはたまらないが、そうでない人には敬遠されるだろう。

カタログで見た時に、ド派手なグリルが印象でしたが実車をみると、派手さよりもカッコよさが印象的でした。

やっぱオーナーさんはこのイカツイ見た目が気に入ってるよね!

内装の口コミ評判「もはや軽自動車の質感ではない」

もはや軽自動車とは思えない質感に仕上がっている。

運転席から見える開放的なインパネと綺麗なセンターメータがとても気に行ってます。ヘッドアップディスプレイも見慣れてきて視界に入ってくる速度の数字のおかげで、エコ運転を心がけるようになってます。

確かに通常のワゴンRもスティングレーもエコ運転を心がけやすいよね~

走行性能の口コミ評価「ターボエンジンはコンパクトカー以上」

コンパクトカーも候補だったが、購入金額に100万円近くの差があったのでスティングレーターボに決めました。ちなみに他に候補だったのはアクアGRの他、フィットRS、ノートeパワーのメダリストの計4車。

ターボなので文句なくよく走る。エンジン音もかなり静か。もちろん4車の中で一番よく走る。フィットもノートもよく走ったが、ターボ車のスティングレーにはかなわない。特に坂道でその差が顕著にあらわれる。

そうか・・スティングレーのターボタイプになるとライバル車はコンパクトカーになってくるんだね!

現実的に価格も安く低燃費でパワーある走り、それでいて維持費が安いわけですから、コンパクトカーを考えている人でもリアルに候補にいれられるのがスティングレーということです!

値引き交渉次第では本当にコンパクトカーより乗り出しで100万円以上安く購入できても不思議ではありませんからね!

新型ワゴンR
新型ワゴンR/スティングレーの値引き相場情報「2019年12月の目標は10万円~15万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在、新型ワゴンRの値引き相場は、最大約10万円~15万円となっています。内訳は車両本体から10万円前後オプション等で5万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りする車がある方なら、最高値で売却するテクニックも絶対に必要になります。下取りMAXで新型デイズルークスのグレードもアップできるかもしれませんよ!...
スポンサーリンク

まとめ スティングレーならターボのハイブリッドT推し

以上、新型ワゴンRのスティングレーについてまとめてみました!

新型ワゴンRスティングレー

まとめると、

  • 価格は標準タイプのワゴンRより30万円ほど高い設定
  • ハイブリッドTのみがターボエンジン
  • クルーズコントロールとパドルシフトがハイブリッドTだけ装備されている
  • 見た目の大きな違いはフロントマスクでスティングレーはアメリカンテイスト
  • 内装は質感の向上によって高級感とスポーティな雰囲気
  • スティングレーの実燃費も約18km~20km/Lほど
  • オーナーさんの評判も良好。もはやライバルはコンパクトカー

といったところです!

せっかくスティングレーを選ぶなら価格は高くなりますが、ハイブリッドTを選んだほうが満足度も高く後悔しない選択となりそうです!

こりゃコンパクトカーを探している人の候補に是非入れて欲しい一台でしたね!

軽自動車最高!

スポンサーリンク

新型ワゴンR/スティングレーの全記事一覧

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

画像出典SUZUKI公式HP、口コミテキスト引用価格.com